1日あたり

葉酸とビタミンB12の関係性

葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを抑える効果があり、DNAの合成や細胞分裂にも深く関わっています。
そのため、妊娠を希望する女性や妊娠中の女性、成長期の子供に欠かせない大切な栄養素です。
またビタミンB12は、脳神経の働きを正常に保ったり、末梢神経の働きを助けて肩こりや腰痛を改善したりする効果があります。
このことから「脳のビタミン」「神経のビタミン」ともいわれています。

葉酸はビタミンB12とともに、赤血球の生成にも関わっています。
2つの栄養素は、「造血作用のあるビタミン」として知られており、互いに補い合って働いています。
葉酸が赤血球内のDNAを合成し、その働きをビタミンB12が助けることで正常な赤血球が作られているのです。

通常の貧血は鉄分不足による「鉄欠乏性貧血」ですが、鉄分が足りていても貧血となる場合があります。
それは、葉酸とビタミンB12のどちらかが欠けてしまうことによって起こる「悪性貧血」です。
悪性貧血は、赤血球が正常に作られず肥大化してしまい、ヘモグロビンの働きが悪くなり、そして酸素運搬能力が低下することによって起こります。
これは鉄欠乏性貧血よりも治りにくく、昔は原因不明で治療法がなかったため「悪性」という名がつけられました。
現在では葉酸とビタミンB12を摂取すれば改善できることが分かっています。

このように2つの栄養素はどちらも不足しないように摂取する必要があります。
葉酸は、1日当たり妊娠時には400マイクログラム、非妊娠時には240マイクログラム摂ることが推奨されています。
主にほうれん草などの緑黄色野菜やレバーに多く含まれています。
またビタミンB12は、1日当たり妊娠時で2,8マイクログラム、非妊娠時で2,4マイクログラム摂ることが推奨されています。
主にシジミや赤貝、アサリなどの貝類に多く含まれています。

もちろん普段の食事から摂るのが理想ですが、葉酸もビタミンB12も水溶性なため水や熱に弱い性質があります。
そのため加熱調理することで成分が壊れてしまい、体内吸収率が下がってしまいます。
摂取が難しい場合は、葉酸とビタミンB12の両方が配合されているサプリメントをうまく活用しましょう。
これを機に葉酸で健康生活はじめてみませんか。